僕も夏のsayにしちゃいました。

  • 2017年08月12日

みなさま夏休みいかがおすごしでしょうか?

僕はこの夏、展示とワークショップを理由に
岡山で夏休みを過ごしてきました。

自宅で準備に大忙しだった僕は窓を閉め切った部屋で
作業を黙々と続けていました。内向きの空間
を引きずったまま夜のバスに乗って四角いま
ま西へと向かったのです。朝になってボタン
で留まったカーテンをパチっとめくるとそこ
には夏が広がっていました。膨大なその夏は
窓の少しの隙間から僕の気持ちを一気に染め
上げてしまったのです。降りたときには誰よ
りも一番その気になって太陽を全て受け止め
たのです。

 

 

そもそも素敵な夏に必要なことの第一は、
芸術活動です。そのための約一週間の展示は
岡山駅にほど近いカフェラウンジの2階のオ
ープンスペースで開催されました。そのあた
りの地域では若者たちがかつての家や街を今
過ごしやすくするために奮闘していたのです。
僕はその内の三日間、迷い犬は突然その世界
に優しく受け入れられました。

 

 

 

 

岡山の若者たちはラウンジに集まっていまし
た。何もない時間を互いに共有したり、現実
にないことをみんなで想像したり、実行した
ことをわかちあったり、それらは僕にとって
あまりに綺麗で心地よく 自分が薄汚れた犬で
あることをすっかり忘れてしまっていたのです。

 

 

 

夏はそんな場所によく集まってくるものです。
花火の煙、びしょ濡れの人、茶色いおばあち
ゃん、雨漏り、なかなか変わらない信号、知ら
ない人と共感できたこと。それらはまるで気づ
かない内にかかっていた魔法のようにすぐ隣で
笑っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこんなに大きな夏は小さな声で教えます。
僕が展示したかったことはきっとこういう世界
があったらいいな、素敵なことが当たり前に光
っていることを分かって、反射して、僕らも光
ってそんな世界を小さく願っているんだと!!

ウーーーーーーーン!
とっても楽しかったな!
もっともっといろんなとこで展示したいな!

 

 

みなさまこれからもどうぞ
お付き合いいただければ光栄です!
汚れた迷い犬だからわかること教えてやるぜ!

 

 

 

 

書いて欲しいことあったら
教えてください!こちら

adim.cnr@gmail.com

アディム