「SOFA」

  • 2016年11月11日

sofa
 

 

「SOFA」

座らせたげる

 
2016 11.19(sat) – 12.4(sun)
10:00 – 19:00

 


 

 

レトロ印刷JAM
〒531-0072
大阪府大阪市
北区豊崎6丁目6−23
http://jam-p.com/

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

いやええええええええええええええええい!

今年最後のアディム展示おこなわれます!

しかも大阪にて!

 

毎年大阪でも展示をおこなってきたのですが

今回は場所をかえてシルクスクリーン工場!

 

シルクスクリーンとは?

 

孔版画の「孔」とは「突き抜けた穴」の意味である[1]。孔版画にはたくさんの種類の技法が存在するが、特に歴史が長くよく知られているものは、ステンシルと、ここで説明するシルクスクリーンである。一般的には、透けて見えるような網目の布のことを、英語では : screen または : mesh と呼び、日本語では「」と呼ぶ。しかし孔版画の世界の言葉では、英語でも日本語でも、版に使う網目の布のことをメッシュ(mesh)と呼ぶことのほうがスクリーン(screen)と呼ぶことよりも多い。昔はの布が孔版画のメッシュの材料として使われたが、現在ではさまざまな材質のメッシュが使われる。絹は耐久性に欠けるため、合成繊維が実用化された後は、ポリエステルナイロンなどの合成繊維の布が孔版画のメッシュの材料として使われるようになった。ちなみにテトロンは商品名(商標名)であり、ポリエステルで ある。金属製のメッシュを孔版画のスクリーンとして使用することもある。糸と糸の間の隙間がある絹の布は英語で silk screen (シルクスクリーン)または silkscreen (シルクスクリーン)だが、silk screen を使った孔版画の技法は英語で silk screen printing (シルク・スクリーン・プリンティング)またはsilkscreen printing (シルクスクリーン・プリンティング)と言う。しかし、現代は絹は孔版画に使われないので、スクリーンを使う孔版画の技法は、英語で screen printing (スクリーン・プリンティング)または serigraphy (セリグラフィ)と言う。screen print または serigraph とは、 screen printing または serigraphy と呼ばれる版画の技法を使って作られた版画作品を呼ぶ言葉である。日本の印刷業界でも、「シルク」という言葉を取り除いて、スクリーン印刷と呼ぶ機会が増 えている。もともとは、スクリーンの意味もメッシュの意味も網であるが、版画の世界では、メッシュを張った枠の全体をスクリーンと呼ぶことがある。

1930年代に、National Serigraphic Society という芸術家の団体が Serigraphy という新しい言葉を作った[2]。 その造語の目的は、当時スクリーン印刷という技術が商業的・工業的な産業として扱われていて、スクリーン印刷は芸術作品を作る手段としては全く認知されて いなかったため、芸術の表現としてのスクリーン印刷を Serigraphy と呼ぶためだった。Serigraphy の Seri はラテン語で絹を意味する言葉である。

 

 

 

 

ぎゃははは!

 

わかんないよね><

すごく簡単に言うと皆さんがよく着ているTシャツの印刷をはシルクスクリーンで

行われています。プリントっていうとわかりやすいかな…?その手法が面白くて

特殊な加工が施されているメッシュに図柄を転写して、メッシュからインクが通るところ

通らないところを作る。その判を使って大量に同じ図柄を印刷できるのです。

 

ということは

 

アディムプリントができちゃうということ!!!!!

 

 

いえええええええええええええい

 

 

 

特に布製品との相性がよくパーカーやカバンに印刷なんかしたら

とってもいけてるよね!!やろういっしょに!

 

 

今回の会場はそのシルクスクリーン工場の

一階が体験スペースと展示会場になっている

施設、レトロ印刷JAM!!

 

http://jam-p.com/

 

いけてるでしょ?

ここには印刷できる素材もたくさん用意されているので

手ぶらできても安心だよ!トートバックからスプーンまで

なんでもいんさつできちゃう♡逆に印刷したいものを持って

きてくれればオリジナルリュックサックなんてのもできちゃうね!

だからいろんな判を作って用意しておくよ。

 

 

そのなかでも今回の目玉は

 

2017年版ポスターサイズカレンダー!

 

ポスターサイズの布に印刷して

世界にひとつしかないカレンダー

を作るワークショップ。いいぇい!

所用時間は30分 ¥3000-

来年をすこやかに過ごす準備を

一緒にしよう!週末はスムーズに

できるよう予約できるようにした

よ。予約できる日は週末のこの日たち。

 

11/20(sun) 11/26(sat) 11/27(sun) 12/3(sat) 12/4(sun)

 

10:00 – 18:00

 

こちらに、名前、人数、希望日、

希望時間帯を記載してメールしてね!

aimymko88@gmail.com

 

============================

 

タイトルのソファーっていうのはさ

インクを座らせるように印刷できたら

いいなって思ったんだ。田舎の

イオンモールで、ニトリで、IKEAで

なんでもいいんだけど家具を買うつもり

もないのにウインドウショッピングした

ことってある。あれいちばんたのしい。

 

友達とL字型のちょっとハイソなソファー

にしずんで、知らぬ間にコーヒー傾けてる

コントがはじまったり、つきあって三ヶ月

くらいの彼女と二人暮らしをはじめたら

これがほしいあれがいるね、システムキッチン

がいいなー、じゃあ仕事がんばんなくちゃな!笑

みたいな穢れのない時間。気づいたら夜になってるやつ。

そうやってるうちにすごくフィットするソファーが

みつかる。すうううううう。違和感のない安心感。

 

そんな気持ちでインクがのってくれたらいいなって

思ったんです。できるかな…むずいよね。協力してよ!

 

あなたね!

 

 

 

アディム