「このアイスが溶ける前に」

  • 2017年04月24日


 

 

 

 

 

このアイスが溶ける前に

おそらく15分が限界です。

 

その前に一つお話を

 

 

 

色ってものはすごい

 

 

線描や輪郭

伝えるべき情報

人に確実に伝えるために必要なのが 線描や輪郭

 

それに反して

 

というのは

感情や余韻 言葉や形にできない心情的なもの

 

 

 

 

…刺激、落ち着かない、心拍数があがる、恐ろしさ や 生物的

…和み、安心、生き生きとした、フレッシュにもなる

 

 

 

このように 勝手な主観のみで

色は楽しく また 愛すべき存在なんだ

 

例えば

白 と アイボリー

役目は近しいと思っていたけど

それは違った と 気付いたんだ

 

 

 

アイボリーは安心感であり 何にでもあう

突拍子はひとつもないし 一緒にいれる

そういう意味ではとても軽薄な色なんだ

 

反して

 

 

こいつはやばい

 

本当の白は恐ろしい 何にも合わない

主張が強い 曲がらない

肯定できない自分がいかに弱いかよく分かる

 

もちろん このように恐ろしいには 本当の白に限った話だけど

 

 

 

 

ぼくが好きな色は

黄色からオレンジにかけての色

 

 

楽しい、いい感じのテンション、心地よい楽しさ

刺激もなくはない、潜在能力が少なくない

意外と一位にはならない

軽薄さもある

 

 

青は広い

とてつもなく広い色

空、海、夜

 

器が大きい、まだまだ分からない

 

 

黒は黒

それ以上もそれ以下もない

かっこいい

潔い

ただ手抜きにつかってはいけない

 

 

 

 

 

 

 

大好きな友達は

自分にない感覚をたくさん教えてくれて

彼がいったのは「灰色は色の中で最も幅ある色である」

ということだった

 

 

 

 

灰色は白と黒をつなげる

モノトーンだけではなく

すべての色味を含んでいる

恐ろしく広大な化け物

 

 

殺すことも生かすことも

いとも簡単にやってしまう

 

 

 

 

すきな子を

思い浮かべたとき

 

それは 本当の 肌色 だった

届きそうで届かない 小さく大きな色

失いたくない

 

もっと強くなりたいと思った


 

 

===============================

 

 

 

 

展示が決まりました!詳細は追々ね!楽しみにしていてだければうれしい!

 

 

 

お灸をすえて 未来に向かう作業

いいお題があったらくださいな!
文を書きまするで! コチラに↓

adim.cnr@gmail.com